モモのうるし

うるしと日々のこと

漆芸作家モモのこと

 

はじめまして、モモです。

漆を使った作品を作ったりしています。

漆ってなに?という方多いと思いますが、このブログで徐々に漆の様々な面を披露していきますので、楽しんでもらえると嬉しいです。

 

では、わたしのプロフィールから。

f:id:aquadespeche:20180131004114j:plain

略歴

1991年生まれ

愛媛県今治市で高校までを過ごし、美術系学校入学のため上京。

横浜美術大学で漆芸と出会い、より勉強するため香川県の専門施設に入所。

香川県で4年間暮らし、故郷の今治市へ帰郷。フリーランス漆芸作家として少しずつ活動開始。

↓インスタグラムに作品、道具、材料、制作途中載せています。

モモ@うるし作家 (@momourushi) • Instagram photos and videos

ツイッター

モモ@うるし作家 (@momourushi) | Twitter

 

詳しい経歴はこちら

横浜美術大学には工芸のクラフトコースに入学しました。

そのコースは金工と木工があり、両方学べるクラスでした。

美大は作品作りが課題として出されるのですが、わたしは木工がしたい!と思って入学したのでほとんど木工をしていました。

そんななかで、漆仕上げの酒器を制作するという課題が出ました。

自分でろくろで木地挽き(円中心で回転する機会で削ります)して、それに初めて漆を使った塗装をしました。

そのときは、ただ漆を染み込ませる仕上げで、「塗る」ということはしなかったのですが、なんだかおもしろいなと感じました。

その次の課題は自由課題で、私は前回の漆を使った作品を作ってみようと思い、大好きなチョコレートのための器を制作しました。

この漆器がわたし自身とても気に入って、先生方からも高評価で。

そのまま次の課題も、卒業制作も漆で挑みましたが、どの作品を作っているときも心地よかった。

なんだか漆をしていることが自分にフィットしているように感じました。

そして卒業後は大学の先生方のすすめでさらに専門的に学ぶために香川県の専門施設に入所しました。

そこでは基礎からしっかり学べて、応用的なことも実践的に勉強できました。

そして修了後に今治市へ帰郷しフリー作家となりました。

 

これから

やりたいこと、してみたいこと、いろいろあります。

それらをSNSやこのサイトを通して興味をもってくださる方々に、できるだけリアルタイムにお伝えしたい。

よろしくお願いします。